産み分けゼリーとは?その効果と国産ゼリーのオススメ

産み分けゼリー

 

「どうしても、次は女の子がほしい!」

 

そういう風に思ったこと、お母さんなら誰しも一度はあるんじゃないでしょうか?

 

もちろん「男の子が欲しい!」という方もいらっしゃいますよね。

 

「赤ちゃんの性別は食事で決まる」という産み分け理論もありましたが、迷信の域を出ません。
>産み分けは食べ物で決まる?

 

生まれてくる性別がどのように決まるかは、科学的に解明されています。

 

そして、妊娠するとき、性別を神頼みだけでなく、科学的で安全な方法により産み分ける方法は確立しつつあるんです。
一人目は自然に任せても、二人目以降では男の子、女の子を産み分けたいという要望は多く、今では”産み分け”はかなり一般的になっていて、産み分けジェルや産み分けゼリーと呼ばれる商品が発売されています。

 

以前はピンクゼリーという商品があり、現在でも使われています。
最近では日本製のベイビーサポートやハローベビーゼリーは、産み分けゼリーとして安全性も高く、人気なんですよ。

 

実際に産み分けゼリーを使ってみて、見事かわいい女の子と男の子が生まれた私なりに、
産み分けゼリーの使用方法などのレビューをお伝えしたいと思います!

 

産み分けゼリーについて

 

男女産み分けのしくみ

産み分けゼリーについて知るために、まずは男女産み分けの原理を簡単に解説します。

 

生まれてくる赤ちゃんが、女の子になるか男の子になるかは、受精の瞬間に決定しています。
男性が一度に射精する精子は数億と言われていますが、その精子は全てX精子かY精子の2種類に分けられ、

 

X精子⇒女の子
Y精子⇒男の子

 

となり、どちらかの精子が卵子にたどり着くかで、性別が決定するわけです。
産み分けの原理
ところで、この2つの精子はそれぞれ異なる特徴を持っています。
それは、

 

X精子⇒酸性に強く、アルカリ性に弱い。
Y精子⇒アルカリ性に強く、酸性に強い。

 

ということが、科学的にわかっています。

 

ちなみに、女性の膣内は通常、雑菌を寄せ付けないために、弱酸性となっています。
ところが、排卵日が近づくに連れてアルカリ性になっていくのです。
これは精子を酸で殺してしまわないようにするためです。

 

この原理がわかっていれば、

 

男のが欲しければ、膣内をアルカリ性に
女の子が欲しければ、膣内を酸性に

 

保つことで、希望する性別の赤ちゃんを妊娠する可能性が高くなるということが、ご理解いただけると思います。
事実、産み分けゼリーで膣内のph値をコントロールすることで、産み分けに成功した例は数多くあり、現在では一般的とも言えるレベルになっています。

 

これが産み分けの基本原理です。

 

産み分け家族

産み分けゼリーの副作用や障害のリスクについて

産み分けゼリーを使用するにあたって、副作用や障害の危険性について気にされる方も多いと思います。

 

「産み分けゼリーと使うと胎児に障害がでる」
「産み分けゼリーを使うと妊娠しにくくなる」

 

といった情報もネット上ではちらほら見られます。
しかし、ベイビーサポートやハローベビーゼリーなどの日本製産み分けゼリーは100%天然成分で、容器も安全性の高い日本国内の工場で製造されたものを使用しています。

 

膣内のpH調整には、クエン酸やアルギニンなどもともと体内に豊富に存在する成分を使用しており、これらが悪影響を及ぼすとは考えられません。

 

実際、産み分けゼリーが原因で胎児に障害が見られたという報告は現時点でないのです。

 

安全な国産品を用法を守って使用する限り、産み分けゼリーでの障害のリスクは、極めて低いと言って良いでしょう。

 

また、「産み分けゼリーを使うと妊娠しにくくなる。」については、医学的根拠が全くありません。

 

後述するように、産み分けゼリーを使用することで、むしろ妊娠する可能性は高くなる場合もあります。
確かに、男の子を生みたい場合はX精子(女の子)を、
女の子を生みたい場合はY精子(男の子)を活動しにくくするので、その精子たちは受精する可能性が低くなります。

 

しかし、反対に希望する性別の精子は活動しやすい環境になるのですから、妊娠する可能性は高くなるはずです。
従って、産み分けゼリーを使用することでの副作用や安全リスクは少なく、用法用量を守った上で安心して使うことが出来そうです。

 

 

また、日本製産み分けゼリーの【ハローベビーゼリープレミアム】では、
・精子のエネルギー源となるフルクトースを配合
・体液と同じ粘度・浸透圧にすることで精子の動きを妨げない

 

などの工夫により、膣内での精子の活動をサポートするため、、産み分けゼリーだけでなく妊活ゼリーとしての効果も期待できます。

 

ハローベビープレミアムは妊娠サポート

 

産み分けゼリーを使用すると同時に、妊娠の可能性も上げたい!
という方は、【ハローベビーゼリープレミアム】を選ぶことをオススメします。

 

産み分けゼリーの使用上の注意点

産み分けゼリーを使っての産み分けを成功させるには、いくつかのポイントがあります。
考えてみれば当たり前のことかも知れませんが、まとめてみましょう。

 

まずは体調管理をして、基礎体温をしっかりつけ、正確な排卵日を把握する。

これが出来ないと産み分けは始まりません。
妊娠するには排卵日周辺でなければならないからです。

 

産み分けをすると決めたら、チャレンジ日以外は避妊する

これも当たり前ですね。
産み分けゼリーを使用する日以外はしっかりと避妊しましょう。

 

産み分けゼリーの使い方

産み分けゼリーの使い方は簡単です。

 

1本1本梱包されているので、まず袋から取り出します。
そして、先端にキャップがついていますので、取り外して、
容器の半分程度を膣内に挿入し、ピストンを押してゼリーをを注入します。

 

産み分けゼリーの使い方

注入するタイミングは挿入の直前です。
産み分けゼリーは、膣内で挿入をスムーズにするための潤滑ローションの役割もありますので、なるべく直前に使って下さい。
射精後に使用しても効果はありませんのでご注意を。

 

産み分けゼリーは排卵日に使う

男子希望は排卵日当日、女子希望は排卵日2日前がチャレンジ日

産み分け仲良し>

産み分けゼリーのボーイとガールの成功率をより上げるためには、希望する性別によって使用すべき日が違うことに注意して下さい。

 

この産み分け方法は、自分の排卵日を正確に把握していることが大前提ですので、まずは普段から体調管理に気をつけて基礎体温をチェックし、
生理周期が規則正しくなるように気をつけましょう。
そして、当たり前ですが産み分けゼリーを使用すると決めたら、チャレンジ日以外は避妊してください。
>基礎体温を記録して排卵日を調べる方法

 

男子希望は排卵日当日

男の子を希望して産み分けゼリーを使用する場合は、排卵日当日が産み分けチャレンジ日です。
前述のように、女性の膣内は普段は弱酸性ですが、排卵日に合わせてアルカリ性の粘液が多く分泌されます。

 

本来、Y精子はX精子より数が多い上に運動能力が高いのですが、膣内の酸にやられてしまうので、結局妊娠する確率は50:50になっていると言われています。
そこで、最も酸性値が低い排卵日当日に、膣内をアルカリ性にする産み分けゼリーを使用することで、酸性値をさらに下げて、Y精子を応援します。

 

膣内が酸性でなければ、数が多く運動能力が高いY精子が断然有利になるので、男の子を妊娠する確率が高くなるのです。

 

この方法は、「男女どちらでも良いからとにかく子供がほしい」という場合にも有効です。
そもそもの妊娠する確率を高められる手法です。

 

女子希望は排卵日2日前

女の子を希望して産み分けゼリーを使用する場合は、排卵日の2日前が産み分けチャレンジ日です。

 

膣内の酸性値が下がる排卵日当日では不利になるため、まだアルカリ性粘液の分泌が少ない2日前に
産み分けゼリーで酸性値を高めることで、Y精子の進入を防ぎます。
X精子はY精子より寿命が長いため、排卵日2日前でも妊娠する可能性は十分にあります。

 

万が一排卵日がずれていた場合でも、前倒しなら排卵日1日前でまだ酸性。
後ろ倒しなら、排卵日3日前なので酸性です。
3日前の場合は妊娠する確率が低くなりますが、その場合は翌月に再チャレンジが可能です。

 

産み分けゼリーの成功確率は?

実際、産み分けゼリーを使用するにあたって、成功の確率はみなさん気になるところだと思います。

 

これまでに何組もの夫婦に産み分けサポートを行ってきた有名な産婦人科医の池川明博士によると、
産み分け成功の確率は、、

 

女の子を希望する場合で70〜80%

 

男の子を希望する場合で80〜90%

 

だそうです。
後述するように、産み分けで男の子を希望する場合のほうが、そもそも妊娠する確率も上がるため確率が高くなります。
ただし、女の子希望の場合も、産み分け法を正しく行えば7割以上の成功率は出ているようです。

 

また、産み分けゼリーの「ハローベビーゼリー」を発売するシンゲンメディカルが、実際にハローベビーゼリーを購入したユーザー50名にアンケート調査を行った所、希望する性別の赤ちゃんを授かった成功率は…

 

78%
だそうです。
ここでも、7〜8割の成功率が裏付けられていますね。

 

産み分けゼリーの成功率
ただし、ひとつだけ、絶対に守ってもらいたいことがあります。
それは、この産み分け方法も、100%確実ではないということを理解してもらうこと。

 

そして、たとえ生まれてきた赤ちゃんが希望する性別で無かったとしても、変わらずに愛してあげて欲しいということです。

 

これを約束出来ない方には、産み分けはオススメできません。
変に期待するよりも、自然に任せるほうがご自身も赤ちゃんも幸せになれると思います。

 

産み分けゼリーの選び方

このサイトで紹介している産み分け法は、基本的に「産み分けゼリー」を使用して行うものです。

 

産み分けゼリーにはいくつかの選択肢がありますが、どんな風に選べば良いのか?
産み分けゼリーを選ぶにあたって、以下のようなポイントに注目してみましょう。

 

・国産であること。

膣内に挿入するゼリーですから、安全第一です。中国産はちょっと考えられませんよね。

 

・使い切りタイプであること。

衛生面を考えると、個別包装で一回使い切りのものが良いでしょう。
以前はシリンジタイプで、一回ごとに吸い上げて使うものがありましたが、衛生的には不安です。
また、注射器で吸い上げるタイプは、一回ごとに湯煎してゼリーを溶かさなければならないなど、手間もかかります。

 

・天然素材であること。

これもやはり衛生面や安全面を考慮してのことです。
産み分けゼリーを使用することで、卵子や精子への悪影響があったという報告はありませんが、やはり天然素材のほうが安心ですよね。

 

・内容量が少なすぎないこと。

膣内に行き渡って酸性度を変化させるために、十分な量が配合されているかを確認しましょう。
一般的には、一度の使用で4.5〜5ml程度が最適とされています!

 

産み分けで明るい家族計画♪

産み分けゼリーで明るい家族計画
現在、男女産み分けの方法は確立しつつありますが、どの方法も100%ではありません。
病院に行っても解決する問題ではありません。
そのため、産み分けをする前に、夫婦間でよく話し合い、必ず「どんな子でも愛情と責任を持って育てる」という覚悟を持って臨みましょう。

 

その上で、産み分けに挑戦して希望する性別の赤ちゃんに巡り合えたら、家族の夢も膨らみますよね。
皆さんのご家族の幸せを願って!
最後まで読んでいただきありがとうございました(^o^)