MENU

ベイビーサポートは使い方に注意!成功率と口コミは!?

ベイビーサポートの使い方や口コミ評価について

国産で安心の産み分けゼリーである『ベイビーサポート』

 

ベイビーサポートボーイとベイビーサポートガールの2種類で、男女の産み分けを可能にするゼリーですが、

 

その成功確率は?
口コミ評価は?
安全性、リスクは?

 

ベイビーサポートの気になることを調べてみました!

 

ベイビーサポート購入はこちら♪

▼▼▼▼▼

【ベイビーサポート公式サイト】

 

男女産み分けゼリー【ベイビーサポート】の特徴

ベイビーサポートの特徴

ベイビーサポートは、安心・安全に徹底的にこだわりぬいた産み分けゼリーです。

 

100%天然成分のゼリーはもちろん容器、袋、外箱まですべて日本製です。
産み分けの成功をサポートするために「精子活動最適成分」を含有し、1本の内容量が日本人に最も最適といわれる量4.5mlとなっています。

 

製造工場は、クラス10,000以下のクリーンルームに最新鋭の成形機を設備。

 

この数値は空気中に含まれる浮遊物の値になっており、一般的には医療業界向け製品の衛生環境下で、
病院の手術室での基準値になるほどの清潔な空間となります。

ベイビーサポートは危険が少ない

 

研究、開発からし品質テストに至るまで全て国内で行い、厳しい基準をクリアした安心、安全第一の製品なのです。

 

ベイビーサポートのおすすめポイント

・内容物はもちろん、容器まで全て純国産

膣内に挿入するゼリーですから、安全第一です。中国産はちょっと考えられませんよね。

 

・個別包装の使い切りタイプ

衛生面を考えると、個別包装で一回使い切りのものが良いでしょう。
以前は注射器タイプで、一回ごとに吸い上げて使うものがありましたが、衛生的には不安です。

 

・全て天然素材100%であること

これもやはり衛生面や安全面を考慮してのことです。
産み分けゼリーを使用することで、卵子や精子への悪影響があったという報告はありませんが、やはり天然素材のほうが安心ですよね。

 

・内容量がベストな分量。

ベイビーサポートは膣内に行き渡って酸性値を変化させるために、最も適切な量を研究して決められています。
その結果、一度の使用で4.5mlが最適とされているのです。

 

ベイビーサポートは衛生面も安心

ベイビーサポートの口コミ評価

成功!
通院している産婦人科では、産み分けにピンクゼリーを処方されました。
容器を洗って使い回しをしなければならず、衛生面が気になります。
毎回ゼリーを湯煎するのも面倒だったので、ベイビーサポートに切り替えました。

 

サイトで調べた使い方通りに基礎体温をしっかりチェックして、ベイビーサポートを使って2回めのチャレンジで希望通り女の子を妊娠できました。
余ったゼリーも買い取ってもらえたので、最初からベイビーサポートにしておけばよかったです。
28歳 女性 2人目の妊娠

結果待ち!
うちは二人とも男の子なので、
3人目は女の子がいいね〜と夫と話していたタイミングで見つけたのがベイビーサポートです。

 

ベイビーサポートは容器の中にゼリーが入っているので、
挿入してプッシュするだけでとても簡単だし清潔です。
ゼリーの後戻りなども特にありませんでした。

 

2回めの使用でまだ結果は出ていませんが、性別にかかわらず授かった赤ちゃんは大事に育てるつもりです。
32歳 女性 3人目

成功!
産み分けゼリーは初めての使用でしたが、ベイビーサポートは全て日本製で天然成分ということで、一番安心できるかなと思い購入しました。
産み分けについては夫婦で長く話し合いましたが、5歳の長女が弟を欲しがっていたのが一番の決め手でした。
私たちは産婦人科に通って排卵日をチェックし、当日にベイビーサポートを使用しました。

 

結果的に希望通りになったので、とても満足しています。
とにかくゼリーを使えばいいというものでは無いようですので、しっかりと使用法を調べてやればいいと思います。
33歳 男性 2人目

 

男女産み分けの成功・失敗の確率

ベイビーサポートの成功率について

ベイビーサポートを使用して産み分けをしてみたいと思っても、実際のところ成功確率はどれくらいなのか?というのは気になりますよね。

 

現在、ベイビーサポートに限らず産み分けゼリーを使用した産み分けは数多く行われていますが、
有名な産婦人科医である池川明博士によると、産み分け成功の確率は、、

 

女の子を希望する場合で75〜80%

 

男の子を希望する場合で80〜90%

 

だそうです。
どちらの性別でも、だいたい7〜8割の成功率と言うことです。

 

 

しかし、
もしあなたが産み分けにチャレンジして、残念ながら希望する性別でない子どもをさずかったとしても、
その子を変わらず愛してあげて下さい。

 

その覚悟が持てない方は、産み分けはしないほうが良いでしょう。
自然に任せた方が家族みんな幸せになれると思います。

 

ベイビーサポート、ハローベビーゼリー、ピンクゼリーの比較

ベイビーサポートの類似商品として、同じく日本製の「ハローベビーゼリー」「ピンクゼリー(男子用はグリーンゼリー)」があります。
これらの商品と、ベイビーサポートを比較してみましょう。

ベイビーサポート

ハローベビーゼリー

ピンクゼリー

単品購入

14,904円

単品購入

13,824円

単品購入

10,800円

2個セット

23,846円円

2個セット

24,883円

初回登録料

5,000円

3個セット

31,298円

3個セット

35,251円

1回分の最安値

1,490円(3セット)

1回分の最安値

1,679円(3セット)

1回分の最安値

約2,320円

ベイビーサポート

購入サイトへ

 

ハローベビーゼリー

購入サイトへ

ピンクゼリー

購入サイトへ

ピンクゼリーは単品購入の価格こそ安いものの、販売サイトである「生み分けネット」への初回登録料が5,000円もかかります。
これはちょっと不可解な費用ですよね。

 

1回分の費用が最も安いのはベイビーサポートの3個セットでの購入となります。
産み分けは一度で成功するとは限らないので、まとめ買いする方も多いです。
また、体格の大きな方などは一度で二本使用することもあります。

 

加えて、ベイビーサポートは妊娠が確定したら余ったゼリーを一本1000円で買い取ってくれます。
これはベイビーサポート唯一のサービスですので、費用の面で見たらベイビーサポートが一番おすすめになります。

 

妊娠したら余ったゼリーは不要になりますので、買取サービスがある方が便利。
なお、ベイビーサポートやハローベビーゼリーは、余ったゼリーをメルカリで転売している人もいますが、ベイビーサポートの買取サービスは「公式サイトで購入した明細」が無いと受けられないので、公式サイトでの購入がオススメです。

ベイビーサポート

ハローベビーゼリー

ピンクゼリー

日本製

日本製

日本製

湯煎不要一本使い切り

湯煎不要一本使い切り

使用前に湯煎シリンジ吸い上げ

メチルパラベン配合

メチルパラベン不使用

成分不明

1回分の容量

4.5ml

1回分の容量

1.6ml

1回分の容量

3〜4ml

ベイビーサポート

購入サイトへ

 

ハローベビーゼリー

購入サイトへ

ピンクゼリー

購入サイトへ

ベイビーサポートとハローベビーゼリーが一本使い切りタイプなのに対し、ピンクゼリーは湯煎してからのシリンジ吸い上げタイプとなります。

 

性交の直前に湯煎するのも面倒ですし、シリンジは再利用するので衛生的にも不安があります。

 

防腐剤として使用されるメチルパラベンは、ベイビーサポートは使用していますがハローベビーゼリーは不使用となっています。

 

メチルパラベンが膣内に悪影響を及ぼすという医学的根拠はありません。
ベイビーサポートも適切な配合量であるため副作用は考えにくいですが、オーガニックにこだわる方からは敬遠されがちです。
ただ、防腐剤を使わなければ当然雑菌が繁殖するリスクもあるため、どちらを取るかは消費者の選択になります。
>メチルパラベンなどの安全性について詳しくはこちら

 

この関係で、産み分けゼリーの使用期限については、、

 

・ベイビーサポート:購入から2年
・ハローベビーゼリー:製造から半年

 

と、大きな差があります。
防腐剤を使用しているかどうかの差になりますので、どちらを選ぶかは人次第ですね。

 

ただ、2箱以上のまとめ買いする場合は使用期限が長いほうが安心して使えると思います。

 

また、ベイビーサポートもハローベビーゼリーも日本食品分析センターによる安全試験をパスしており、無刺激で使用すことが出来、成分としては口に入れて飲んでも問題ないものとなっています。
(もちろん実際に飲んでも美味しくありません)

 

1回分の使用量はベイビーサポートが一番多く、これは日本人女性の膣の容量を考慮した量になっているそうです。
ハローベビーゼリーは量が少ないため、1回で2〜3本使用したという口コミも多く見られます。

ジェルの粘度比較

ハローベビーとベイビーサポートのジェル粘度比較

カタログデータだけでは分からない部分ですが、ベイビーサポートとハローベビーゼリーは「粘度」がだいぶ違います。

 

写真では分かりづらいかも知れませんが、ハローベビーゼリーはかなり柔らかいサラサラのジェルです。
ベイビーサポートの方が、手のひらに出すとこんもりした形になりますが、ハローベビーの方は平らに伸びていきます。

 

このため、ハローベビーゼリーは注入した後に立ち上がると溢れだしてきやすいです。
行為が終わった後にも、すぐに立ち上がると精液と混ざって盛大に溢れ出して来ることがあります。

 

ベイビーサポートも溢れることは全く無いとは言いませんが、ハローベビーよりは使いやすいと思います。

 

旦那さんに注入してもらったりするのが恥ずかしい場合、トイレなどで自分で入れる人も多いので、そういう場合はベイビーサポートの方が使いやすいと思います。
ハローベビーは常にお尻に力を入れて歩かないと溢れます(笑)

 

 

これらを踏まえた上で、希望する性別の赤ちゃんを産める可能性を高めたいのならば、
オススメしたい産み分けゼリーは、やはりベイビーサポートです。
最近は、ママ結構雑誌などでも取り上げられていて、ベイビーサポートは知名度も高いですね。

 

ベイビーサポートは口コミでも人気

 

 

 

容器が小さい方が良いならハローベビーゼリーもオススメ

国産の産み分けゼリーは、実質的にベイビーサポートかハローベビーゼリーの二択状態となっています。

 

個人的には、価格面、一本の容量などの面でベイビーサポートをオススメしていますが、ハローベビーゼリーも決して悪くない商品です。
ハローベビーゼリーとベイビーサポートには「一本の容量」に大きな差がありますが、その分ハローベビーゼリーは「容器が小さくて挿入しやすい」というメリットがあります。

 

ベイビーサポートとハローベビーゼリーの大きさ比較

 

ご覧のように、ベイビーサポートの方が挿入部分だけでも1cm以上長いです。
「あまり大きいのを突っ込むのは不安…」という方は、ハローベビーゼリーを選んだほうが良いかも知れませんね。

 

ただし、ハローベビーゼリーは一本の容量がベイビーサポートの1/3程なので、一回で2〜3本使用する方が多いようです。
一箱で7本入りですので、一回で3本使うとなると2回しかチャレンジ出来ません。
ハローベビーゼリーの場合は、まとめ買いしておいたほうが良いかも知れませんね。

 

>>【ハローベビーゼリー】正規取扱店はこちら

 

ハローベビーゼリーの産み分け成功率は78%

ベイビーサポートではありませんが、類似品であるハローベビーゼリーを発売するシンゲンメディカルが、実際に産み分けゼリーを購入したユーザー50名に結果を調査したところ…
希望する性別の赤ちゃんを授かった成功率は

 

78%

 

だったそうです。
男女別の成功率は公表されていなかったので、今までの通説とほぼ同じですね。
やはり、8割近くの成功率となるようですね!

 

ベイビーサポートガールを使ったのに男の子だった?失敗談の口コミ

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

A子さん 34歳

以前、ヨーロッパに住んでいて向こうでは”産み分け”がかなり一般的に行われていることにびっくりしました。
日本に戻ってきて、今の主人と知り合い結婚し、男の子を妊娠しました。
その子が生まれてから2年経って、「そろそろ二人目も…」と考えだしたのですが、

 

主人と話し合って「二人目は女の子がいいね」と一致し、
相談を重ねた結果、産み分けにチャレンジすることにしました。

 

もちろん、男の子になっても愛情を注ぐことを二人で約束し、
ネットで評価の高かったベイビーサポートを購入しました。

 

産婦人科で処方されるピンクゼリーも考えましたが、
「湯煎が面倒」、「衛生的に不安」などの口コミがあったので辞めました。

 

私は生理周期がある程度安定していたので、
妊娠しやすい時期って感覚でわかると過信して、基礎体温のチェックなどは特にしていませんでした。

 

それで「今日くらいかな〜」という時期に、
6回ほどベイビーサポートガールを使用して子作りしました。

 

2ヶ月後に妊娠検査薬を使用したら、見事にビンゴ!

 

主人と二人で喜び合い、息子にも伝えました。

 

ですが、その後の検診で19週、23週ともに「アレ」が見え、
先生も「ほぼ男の子でしょう」と…

 

期待していた分、正直がっかりで気持ちの切り替えに時間がかかりました。

 

ただ、主人と二人で
「ゼリーを使っても、それをかいくぐって受精したんだから、さぞかしたくましい男の子だろう」と笑って、気持ちを切り替えました。

 

そして生まれてきた子どもは、何の障害もなく元気に育ってくれて、
今では男の子二人でやんちゃな毎日をすごしています。

 

産み分けにチャレンジしたことを後悔はしていませんが、
より確率を上げるために、排卵日のチェックなどはしっかりしておけば良かったとは思っています。

 

ベイビーサポートで男女産み分けの原理

夫婦で赤ちゃんを授かる場合、男の子と女の子、どちらが良いか考えてしまうのは自然なこと。
もちろん自然に任せるのも良いですが、どうしても男の子(女の子)が欲しい場合や、
一人目は自然に任せたけど、二人目は違う性別にしたいという事もありますよね。

 

生まれてくる赤ちゃんの性別がどのように決まるかは、すでに解明されていて、
どちらの赤ちゃんを授かるかも”産み分け”が可能な時代になってきています。

 

X精子とY精子の違い

男性が一度に射精する精子は数億個といわれていますが、その全てはX精子とY精子に分かれており、

 

X精子⇒女の子
Y精子⇒男の子
となります。
さらにこの2つには適応できる環境に違いがあり、

 

X精子⇒酸性に弱くアルカリ性に強い。数が少なく寿命が長い(2〜3日)
Y精子⇒アルカリ性に強く酸性に弱い。数が多く寿命が短い(1日)

 

このような特徴があります。

 

通常、女性の膣内は雑菌を寄せ付けないために弱酸性に保たれていますが、排卵日が近づくに連れてアルカリ性に変化していきます。
これは、精子を受け入れるために、酸で殺しては行けないからです。

 

ベイビーサポートボーイとガールの違い

産み分けゼリーベイビーサポートは、男の子を産みたいときの「ベイビーサポートボーイ」と、女の子を産みたいときの「ベイビーサポートガール」の2種類となります。

 

ベイビーサポートボーイの方は、膣内をアルカリ性に変える作用があり、ベイビーサポートガールは膣内を酸性にする作用があるのです。

 

産みたい性別の精子の特性を利用して、その精子が生き残りやすい環境を用意してあげるのが、ベイビーサポートなど産み分けゼリーの基本的な原理です。

 

ベイビーサポートの使い方

ベイビーサポートの大きさ

 

ベイビーサポートの使い方は簡単です。
1本1本梱包されているので、まず袋から取り出します。

 

そして、先端にキャップがついていますので、取り外して、
容器の半分程度を膣内に挿入し、ピストンを押しベイビーサポートのジェルを注入します。

ベイビーサポートの先端部

注入するタイミングはホンバンの直前です。
ベイビーサポートは、膣内で挿入をスムーズにするための潤滑ゼリーの役割もありますので、なるべく直前に使って下さい。
射精後に使用しても効果はありませんのでご注意を。

 

ちなみに、ベイビーサポートは一本分の量が4.5mlとそれなりに多いので、注入した後に立ち上がるとジェルが漏れてくる事があります。
このため、女性は寝転がった状態で使用した方が良いと思います。

 

そして、行為後もすぐに立ち上がると漏れる可能性があるので、20分位はそのままの体勢でいたほうが良いでしょう。
寝ている間に漏れてきたという話は聞きませんが、心配ならばタンポンやナプキンを利用すると下着を汚してしまうことがありません。

 

なお、1日に複数回の性行為をする場合は、毎回使用してください。
ベイビーサポートを使用した後も、数時間経てば膣内環境は変化しますので、毎回ベイビーサポートを使用した方が確率が高くなります。
なお、ベイビーサポートは一回分の量も最適化されているので、一回で2本以上使用する必要はありません。

 

ベイビーサポートのジェル

ボーイは排卵日当日、ガールは排卵日2日前がチャレンジ日

産み分け成功率を上げるには

ベイビーサポートボーイとガールの成功率をより上げるためには、希望する性別によって使用すべき日が違うことに注意して下さい。

 

この方法は、自分の排卵日を正確に把握していることが大前提ですので、まずは普段から体調管理に気をつけて基礎体温をチェックし、
生理周期が規則正しくなるように気をつけましょう。
そして、当たり前ですがベイビーサポートを使用すると決めたら、チャレンジ日以外は避妊してください。
>基礎体温を記録して排卵日を調べる方法について詳しくはコチラ

 

ベイビーサポートボーイは排卵日当日

男の子を希望してベイビーサポートボーイを使用する場合は、排卵日当日がチャレンジ日です。
前述のように、女性の膣内は普段は弱酸性ですが、排卵日に合わせてアルカリ性の粘液が多く分泌されます。

 

本来、Y精子はX精子より数が多い上に運動能力が高いのですが、膣内の酸にやられてしまうので、結局妊娠する確率は50:50になっていると言われています。
そこで、最も酸性値が低い排卵日当日に、膣内をアルカリ性にするベイビーサポートボーイを使用することで、酸性値をさらに下げて、Y精子を応援します。

 

膣内が酸性でなければ、数が多く運動能力が高いY精子が断然有利になるので、男の子を妊娠する確率が高くなるのです。

 

この方法は、「男女どちらでも良いからとにかく子供がほしい」という場合にも有効です。
そもそもの妊娠する確率を高められる手法です。

 

ベイビーサポートガールは排卵日2日前

女の子を希望してベイビーサポートガールを使用する場合は、排卵日の2日前がチャレンジです。

 

膣内の酸性値が下がる排卵日当日では不利になるため、まだアルカリ性粘液の分泌が少ない2日前に
ベイビーサポートガールで酸性値を高めることで、Y精子の進入を防ぎます。
X精子はY精子より寿命が長いため、排卵日2日前でも妊娠する可能性は十分にあります。

 

万が一排卵日がずれていた場合でも、前倒しなら排卵日1日前でまだ酸性。
後ろ倒しなら、排卵日3日前なので酸性です。
3日前の場合は妊娠する確率が低くなりますが、その場合は翌月に再チャレンジが可能です。

 

ベイビーサポートで幸せな家族計画を♪

ベイビーサポートで明るい家族計画
現在、男女産み分けの方法は確立しつつありますが、どの方法も100%ではありません。
これは病院に行っても解決する問題ではありません。
そのため、ベイビーサポートで産み分けをする前に、夫婦間でよく話し合い、必ず「どんな子でも愛情と責任を持って育てる」という覚悟を持って臨みましょう。

 

その上で、ベイビーサポートで産み分けに挑戦して希望する性別の赤ちゃんに巡り合えたら、家族の夢も膨らみますよね。
皆さんのご家族の幸せを願って!
最後まで読んでいただきありがとうございました(^o^)