MENU

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

産み分けは食事管理でも出来る?

男の子を授かるか、女の子を授かるかは食事で決まる

 

って聞いたことありませんか?

 

産み分けの原理でも説明してきたように、
生まれてくる子どもが、どのように男子になるか女子になるかは科学的に解明されています。

 

簡単に言えば、Y精子(男の子)を受精するかX精子(女の子)を受精するかで性別が決まるのです。

 

そして、この2種類の精子は、

 

X精子⇒酸性に強く、アルカリ性に弱い。
Y精子⇒アルカリ性に強く、酸性に強い。

 

という特徴を持っているため、
膣内のpH値を調整して、狙った精子を受精させるのが産み分けの原理です。

 

食べ物でもpH値の調整が可能?

産み分けゼリーを使用する場合は、直接的に膣内のph値を調整できますが、
普段の食事を変えることで、膣内のph値を変えられるのであれば、最初の説も信憑性が出てきます。

 

女の子を産みたい時に摂る食事

女の子となるX精子は酸性に強いので、酸性に傾く食事を摂るのが良いとされています。

・肉や乳製品(女性が食べる)
・りんご、ミカン、ブドウなどの果物(女性が食べる)
・サツマイモ(女性が食べる)
・肉や魚、かんきつ類(男性は避ける)

 

男の子を産みたい時に摂る食事

男の子になるY精子はアルカリ性に強いので、体内をアルカリ性に傾ける食事が基本です。

・肉や魚、卵(男性が食べる)
・野菜全般(女性が食べる)
・ジャガイモ、バナナ、海藻類(男性は避ける)
・肉類、魚類、卵やお菓子(女性は避ける)

 

コーヒーで男の子が産まれやすくなる?

コーヒーに含まれるカフェインには、精子の活動を活発にする効果があるとする説があります。
特に、もともと活動量が多いY精子が、カフェインによってさらに活発になるため、Y精子が受精しやすくなると言われています。

 

男の子を生みたい場合は、性交の30分前ほどに濃いコーヒーを飲むと良いという説があり、アメリカなどでは実践する人も多いそうです。
逆に女の子を産みたい場合は、男性は普段からコーヒーは控えたほうが良いでしょう。

 

本当に食事で産み分けできるの?

ここまで読んでくれた方、ごめんなさい。

 

正直言って、食事での産み分けには医学的根拠が全くありません。

 

迷信の域を出ないと言って良いでしょう。

 

ただ、現時点の医学で説明出来ないからと言って、効果が全くないとは言い切れませんし、
普段から食事に気を使う事で、プラシーボ効果もあるかもしれません。

 

ただ、人間の身体には体内のpH値を調整する機能が備わっており、
食事を変えたくらいでpH値が大きく変わってしまうなら、ソッチのほうが大問題です。

 

本当に産み分けをしたい場合には、しっかりとタイミングを図って、安全な産み分けゼリーを使用するのが一番オススメです(・∀・)