MENU

産み分けのタイミングとピンクゼリーの使い方

口コミ一番人気!【ベイビーサポート】

▼▼▼CLICK▼▼▼

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

スピーディーな結果で選ばれる【ベイビーサポート】

産み分けゼリーの使用方法

ベイビーサポートをはじめ、使い切りタイプの産み分けゼリーは使用方法が簡単です。

 

包装をあけて本体を取り出し、先端のキャップを外したら、容器の真ん中ほどまでを膣に挿入して、注射器のように中身を注入するだけです。
産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

 

注入するタイミングは、ホンバンの直前です。
早すぎても効果が薄れますし、射精した後では産み分けゼリーの効果がありません。

 

ただ、実際に産み分けを成功させるにはいくつかのポイントがあります。

 

規則正しい生活習慣で、排卵日を正確に把握する。

産み分けを成功させるには、排卵日の把握が不可欠です。
そもそも妊娠しやすい体にするためという意味もありますので、生理周期が不安定な方は、まずその改善から始めましょう。

 

産み分けすると決めたら、チャレンジ日以外は避妊する

考えてみれば当たり前のことですが、産み分けゼリーを使用すると決めたら、
産み分けゼリー使用する日以外はしっかり避妊しておかないと、別のタイミングで妊娠してしまうかも知れません。
チャレンジ日以外は、ちゃんと避妊しましょう。

 

女の子を希望する場合は排卵日の2日前、男の子を希望する場合は排卵日当日をチャレンジ日とする

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

前述のように、X精子は酸性に強く、寿命が長い。Y精子は酸性に弱く、寿命が短いという特徴があります。

 

女の子を希望する場合、アルカリ性粘液の分泌が始まる排卵日2日前をチャレンジ日とします。
女の子用ゼリーは酸性を強くする成分ですから、まだ酸性の強い2日前に使用することで、アルカリ性粘液の効果を抑え、Y精子(男の子)の進入を防ぐことができます。

 

X精子は寿命が長いですから、排卵日まで2日空いても妊娠できる可能性は十分にあります。
もし排卵日がずれてしまっていても、前倒しだった場合は排卵日前日となるので、まだ酸性が強く、後倒しだった場合は排卵日3日前となるので、完全に酸性です。
この場合は妊娠できる可能性も少ないですが、その場合は翌月に再チャレンジできます。

 

男の子を希望する場合は、排卵日当日がチャレンジ日です。
排卵日当日は最も酸性が弱くなるので、その日にアルカリ性のゼリーを使用することで、さらに酸性を弱めることができます。

 

前述のように、本来精子の数自体はY精子(男の子)の方が多いので、膣内が酸性でないならば、数の多いY精子のほうが遥かに有利になります。
また、Y精子(男の子)はX精子(女の子)に比べて運動能力が高く、卵子に到着するスピードが早いと言われています。
加えて、受精が行われる卵管付近はアルカリ性であり、Y精子の方がX精子よりも動きが活発になるため、受精する確率も高くなります。

 

排卵日当日に、元々活発なY精子をサポートすることで、妊娠できる可能性はとても高くなります。
これは「男でも女でも、とにかく子供がほしい」という場合にも有効な方法です。

 

まとめ

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
産み分けの方法は確立しつつありますが、どの方法も100%ではありません。
病院に行っても産み分け成功100%保障されるわけではありません。
そのため、産み分けをする前に、夫婦間でよく話し合い、必ず「どんな子でも愛情と責任を持って育てる」という決意を持って臨みましょう。

 

その上で、産み分けに挑戦して希望する性別の赤ちゃんに巡り合えたら、家族の幸せもまずます広がりそうですね。
あなたのご家族の幸せを願って!
読んでいただきありがとうございました(^o^)

 

最もおすすめできる産み分けゼリー

とことん追求した日本製【ベイビーサポート】