MENU

ピンクゼリーの使い方と副作用

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

どうしても女の子を妊娠したい女性のためにピンクゼリーという商品があります。

 

この商品は産み分けをしたい方に向けた商品で、男の子の場合はグリーンゼリーと言われる商品があり、いま非常に話題のゼリーです。

 

商品によって使い方は異なりますが、
主には袋の中に入っているピンクゼリーを湯煎して、使うぶんだけスポイトに取り、人肌程度まで温めて行為の前に膣内に注入する方法です。
値段の高いものだと、湯煎などしなくても一回使用する分がスポイトに入っていて、行為の直前に注入するタイプのものがあります。

 

温めが必要なもののメリットとしては、値段が比較的手を出しやすい料金であること。
デメリットは行為の前に温める手間があるので、その間に気持ちが盛り下がってしまう可能性があることです。

 

湯煎など細かな工程が必要のないタイプのメリットは、簡単に使用できるので、気分や雰囲気を損なうことなく使用することができる点です。
デメリットは価格が高めになっているので、何度も必要になった場合は結構な値段がかかってしまう点です。

 

ピンクゼリーは一回の使用で済む可能性が高くないので、長期で使用することを考えて選ぶ必要があります。
様々な価格帯のものがありますので、それぞれのメリットデメリットを考えながら、パートナーの方と一緒に選ぶことも大切です。

 

絶対に効果があるという商品ではないので、百パーセントはないことだけは事前にしっかりと考えておく必要があります。

 

ピンクゼリーの副作用について

ピンクゼリーと聞くと、どんなものからできているのか、副作用はないのかなど気になる点はたくさんあるかと思います。

 

しかし、商品によっては口にしても大丈夫なほど安心安全な成分でできているものもあります。
今までで副作用の報告はないようなので、安心して使っていただくことができると思います。

 

基本的な効果としては膣内を酸性にして、X精子と結合させやすい状況を作ります。
このX精子と卵子が受精すれば女の子が生まれるのです。

 

障害が現れるのではないか、リスクが何かしら現れるのではないかと心配かもしれませんが、赤ちゃんにもお母さんにも影響があることはありません。

 

妊娠しにくいのではないかと心配な声も聞きますが、そんなこともありませんので、ピンクゼリーが何かの邪魔になったり、リスクを与えるようなことはありません。
これらの心配は、医学的には全く根拠がないのです。

 

どうしても心配な方はネットで細かく気になる点を調べるか、製造元に問い合わせしてみても良いと思います。
しっかりと丁寧に対応してくれないようでしたら、他の商品を検討してみても良いかもしれませんね。

 

体に注入するものなので、特に女性は副作用を気にしてしまうと思いますが、
膣内の状態を酸性に変える成分は、もともと体内に豊富に存在する成分のみを使用しているので、刺激の強いものではありません。

 

しっかりと説明書を読んで、正しい使用方法で使用すれば何も怖いことはありませんし、濡れにくい方は潤滑剤がわりとなって旦那様と仲良くしやすい状況になります。
可愛い女の子に出会うためにも、興味のある方には是非一度試してみて欲しい商品です。

 

ピンクゼリーの値段と買い方

ピンクゼリーの主な買い方は、主に通販か産婦人科で購入ができます。
ドラッグストアでは購入ができないのでこの二点のどちらかで購入しましょう。

 

値段も様々で1セット1万円から2万円の間で販売されています。
1セットは大体七回分入っています。
2セット購入で少し割安になるように設定されています。

 

産婦人科では杉山産婦人科で販売されていますし、実際に杉山産婦人科で扱っているゼリーを通販で購入することができます。
産婦人科で扱っている商品と聞くとなんだか安心感がありますよね。

 

通販のよくわからない商品では安心して購入できないという方は、産婦人科で扱っているものを選んでも良いかと思います。
詳しい成分やどこで作られているかなど詳細が気になる場合は直接問い合わせしてみてもよいかもしれません。

 

こちらで販売されている商品のお値段は大体1セット1万円ほどとなっています。
比較的良心的な価格なので、あまり高額な値段は出せないという方にはオススメです。

 

産み分けは保険の適用外なので、全てにおいて価格が高いです。
しばらく使い続けることを考えてどの程度購入するか、まずお試して使用してみるだけでもよいですし、
納得するまで使用したい人は長期で使用してみてもよいと思います。

 

どうしても女の子が欲しいならば納得するまでできることをやってみてもよいかもしれませんね。
その後の結果はどうであれ、納得できるかどうかも大切なポイントであると思います。