MENU

男の子を産み分けるグリーンゼリーの使い方と副作用など

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

昔は「家」を存続させるためにもとにかく男の子を産む必要があり、女の子ばかり産んでしまう女性は「女腹」と言われ軽視されていました。
今はどちらかというと女の子を産みたいという方が多いですが、さまざまな理由から男の子を望む方も沢山いらっしゃいますよね。

 

そんなときには産み分け方法を実践してみませんか?
100パーセントの確率とは言えませんが、
自然に任せるのと違って70パーセントから80パーセントの割合で望んだ性別の赤ちゃんを手に入れることができると言われています。

 

グリーンゼリーもそのための方法の一つです。

 

性別は染色体で決まります。
卵子にはX染色体のみ。
精子の頭部に入っているX染色体かY染色体、どちらが着床するかで決定するのです。

 

男子ならXYとならなければならず、そのためにはY染色体を含むY精子に着床してもらわなければならないのです。

 

Y精子には
・寿命が短い
・X精子の2倍もの数がある
・アルカリ性に強くて酸性に弱い

などの特徴があります。

 

数が多いのですから男の子の方が多く生まれそうですが、女性の膣の外の方は酸性ながら中に行くほどアルカリ性なのでどんどん減っていってしまうのです。

 

グリーンゼリーはアルカリ性の成分です。
それを入れてやることで卵子のすぐそばまでアルカリ性で満たしてやり、Y精子が行きやすくなるようにするのです。
できるだけアルカリ性の多い部分からスタートできるよう挿入は深めにする・寿命を考えて排卵日当日に性交するなど、使い方にはコツがあります。

 

 

グリーンゼリーの副作用について

アルカリ性のグリーンゼリーですが、注射器のような形状の小分け包装になっています。
それを膣内に挿入し、膣内がアルカリ性に満たされる注入後5分ほど過ぎた頃に性交するようにします。

 

一般的にはその方法なのですが、もちろん商品説明をよく読んで使用してください。
注入するとなると心配なのが副作用や赤ちゃんへの障害が起こらないかという心配ですよね。

 

ただ、アルカリ性にするための成分の元は重曹などです。
逆に女の子を産みたいと言う場合は酸性にするためのピンクゼリーが使われていますがその主成分はお酢。
いずれにしても副作用も少なく安全性の高い商品なのです。

 

ただし、海外製のものの中には成分表示がないものもありますし、粗悪な環境の工場で作られていた場合には衛生面でも心配です。
赤ちゃんと母体のためを考えるのであれば日本製のもの、それも販売元がしっかりしているものを選ぶ必要があります。
婦人科で診断してもらった上で処方してもらうのも良いですね。

 

とにかく男の子を産みたいからと、グリーンゼリーを何本も使うなど用法用量を無視した使用方法だとトラブルが起こらないとも限りません。
グリーンゼリーを使っても100パーセント望んだ性別が生まれるわけではありません。

 

やはり赤ちゃんは天からの授かりものです。
人間がすべてをコントロールできるわけではないのです。

 

できれば男の子が・女の子が生まれてくるといいな、という程度で行いましょう。
強く望みすぎるともしも逆の性別が生まれてしまったときには、赤ちゃんもお母さんも不幸です。

 

グリーンゼリーの買い方と値段について

安心安全なグリーンゼリーを購入したいという場合には、杉山産婦人科で処方してくれます。
生殖医療科・産科・婦人科の機能を兼ね備えた総合病院で、不妊治療から妊娠検査・出産・避妊相談・女性特有の病気についての相談などあらゆる悩みにお応えします。もちろん産み分けについても専門です。

 

杉山産婦人科は東京都世田谷区・千代田区にあります。
もちろん直接来院して相談に乗ってもらうのもいいですが、男女の産み分けを考えている他県の方におすすめなのは「産み分けネット」の存在です。
わざわざ病院に行くのは恥ずかしい・面倒だ。けれど安全性の高いものを購入したいという方におすすめです。

 

買い方ですが、他の商品のオンラインショッピングと同じです。
お値段は10800円で手に入れることができます。
「産み分けネット」で調べると商品が出てくるのでインターネットで購入してください。

 

使用方法やゼリーの保管方法・注意点など詳細も書かれているので、よく読んでから購入するようにしてくださいね。
支払い方法や配送料・支払い時期・注文後の変更やキャンセルについてなど、ショッピングガイドの説明も出ています。

 

杉山産婦人科院長の書いた産み分け法の本など関連商品も紹介されているので、一緒に購入して参考にしてもよいでしょう。
産婦人科処方の商品だからといって産み分け確率が上がると言うわけではなく、
やはり70パーセント・80パーセントですが、安全性の面で保証されるのが最大の利点です。