MENU

男の子がほしいならリンカルが有効

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

男の子が欲しい場合の産み分け方法としては、Y染色体を持つ精子がアルカリ性に強く酸性に弱いという特徴を持つことから、
膣内をアルカリ性にするための産み分けゼリーを使用する方法があります。

 

また、産み分けゼリーと共に人気の高いものとしては、リンカルがあります。

 

リンカルとはリン酸カルシウムのことです。
簡単に言うとカルシウムを主成分としたサプリメントです。

 

妊活中から活躍する葉酸と似たような効果を持っており、元々は胎児の先天性異常の確率が少しでも減るようにと作られた栄養補助食品なのです。
ですが、最近では男の子産み分けのための方法の1つとして知られるようになってきているのです。

 

男の子を産むにはY精子が卵子と結合する必要があります。
Y精子にはアルカリ性に強く酸性に弱いという性質があるため膣内をアルカリ性に変えてやるためのグリーンゼリーと言う商品もあります。

 

女性がアルカリ性食品を・男性が酸性食品を基本に食べることで体内のPHを調整するという食事制限の方法もありますが、その効果は証明されてはいません。
とはいえ、リンカルの服用を続けるというのも似たような方法であり、こちらは実際に男の子が生まれる割合が高くなっています。

 

先天性異常を少しでも減らそうと、予防のためにリンカルを飲んでいた妊婦さんから生まれた赤ちゃんの性別の割合から、今では産み分けのための方法として有名になっているくらいです。

 

リンカルで産み分けをするためには、子作りの2ヶ月前から朝晩2錠を飲み続ける必要があり、
2日間服用を怠っただけで今まで飲み続けた効果が一気になくなってしまうのでハードルは高いものの、産み分けに希望は持てます。

 

リンカルに副作用の心配はある?

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

リンカル、つまりリン酸カルシウムが産み分けに効果が期待できるものであるとしても、その安全性に疑問があるのであれば、使用をためらう人は多くなるでしょう。
自分の体に悪い影響を与えるだけではなく、生まれてくる赤ちゃんの体に障害が出る恐れがあるのではないかと考えると、危険性のあるものを体に入れたくないと思うのは、母親になろうとする女性にとっては当然の気持ちですよね。

 

しかしその点に関しては、心配する必要はまずないと言って良いでしょう。
なぜならリンカルは前記のようにカルシウムを主成分としたサプリメントなので、一般的な薬品とは異なり副作用の可能性がほとんど考えられない、安全性の高い商品だからです。リンカル自体は鉄分やリン・カルシウムなど、元々人間の体内に豊富に存在する成分のみで作られています。

 

そもそもリンカルは赤ちゃんの先天性異常の予防のために使われていたものですし、実際にこれを使用した女性や赤ちゃんに障害が発生したという報告もありません。

 

ただし、リンカルと言ってもさまざまな商品があります。
2ヶ月も続けるのだからと、とにかく安さだけを選択基準の第1に掲げるのはやめましょう。
商品の中には粗悪な物だってないとは限りません。

 

もちろん日本製で有名メーカーのものを選ぶようにしましょう。
基準値の成分が入っておらず、毎日頑張って服用を続けたのに産み分けにまったく意味がなかったというのであればもったいないです。
それだけでなく、粗悪な材料が使われていたり衛生面で不安のある工場で作られていたというのであれば何らかのトラブルが発生しないとも限りません。

 

毎日続けるものであり、母体はもちろん赤ちゃんにも大きく影響を及ぼすものだからこそ、信頼できる商品を使用するようにしましょう。
一番確実なのは、日本でも最も産み分け指導の実績がある「杉山産婦人科」が販売しているリンカルです。
こちらは、ネット通販でも購入できます。

 

高品質のリンカルに副作用の心配はないとは言っても、カルシウムを過剰に体内に入れることにより、何らかの影響が出ることはあり得ます。
例えば便秘になったり、他のミネラルの吸収が阻害されたり、尿路結石が生じてしまったりといった問題が考えられます。
なので副作用がないとは言っても使用には注意が肝心で、決められた使用量はしっかりと守るように気を付けなければなりません。

 

より産み分けの効果を高めようとそれ以上の数を服用していても、効果があがるわけではありませんし、
過剰症のリスクが上がるだけだので、使用量の目安はしっかり守るようにしましょう。

 

リンカルだけでは産み分け成功の確率は高くない

リンカルが副作用の恐れが無く、産み分けに効果が期待できるものではあっても、これを飲むだけで男の子の産み分けに成功できるかどうかは気になるところです。
その疑問に対する結論としては、可能性は高くなるのは確かですが、成功の確率はそれほど高くないと言うことになるでしょう。

 

元々は、先天性異常の予防のためにリンカルを使用していた妊婦のうち、73パーセントの確率で男の子が生まれてきたことから産み分けの方法として有名になりました。

 

しかし、その効果にはっきりとした理由付けがなされていないことや、これを服用して産み分けができたという人たちの中には、他の産み分け方法を併用している人が少なくないことを考えると、これだけで産み分けを成功させようとするのは、やはり不安があると言わざるを得ません。

 

とは言え、リンカルに効果がないということではないので、その服用を止めるのではなく、失敗の可能性を低くするために、他の方法を併用するというやり方が望ましいと言えるでしょう。

 

その方法として代表的だと言えるのが、産み分けゼリーを使用するというものです。
産み分けゼリーは膣内の環境をアルカリ性に保つ効果があるので、それによって男の子が生まれる可能性を高めることが期待できます。
産み分けゼリーを使用した場合の成功率は、男の子希望の場合80〜90%と言われています。
もちろん100%確実というわけではありませんが、リンカルだけの場合よりも、確率は高くなります。

 

そんな産み分けゼリーとしてよく使用されている商品が「ベイビーサポート」です。
この「ベイビーサポートボーイ」は安全性が高い商品ですし、日本製だという点も安心感があるとして人気です。