MENU

産み分けゼリーってどういうもの?

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

妊活で赤ちゃんを授かる場合、男の子と女の子、どちらが良いかついつい考えてしまいますよね。

 

もちろんどちらでも愛しい我が子に変わりありませんが、どうしても男の子(女の子)が欲しい場合や、
一人目は自然に任せたけど、二人目は逆の性別にしたいという事もありますよね。

 

生まれてくる赤ちゃんの性別がどのように決まるかは、すでに解明されていて、
どちらの赤ちゃんを授かるかも”産み分け”が可能な時代になってきています。

 

産み分けに使用する”産み分けゼリー”とは、どんなものなのでしょうか?

 

産み分けのしくみ。X精子とY精子の違い

男性が一度に射精する精子は数億個といわれていますが、その全てはX精子とY精子に分かれており、

 

X精子⇒女の子
Y精子⇒男の子
となります。
さらにこの2つには適応できる環境に違いがあり、

 

X精子⇒酸性に弱くアルカリ性に強い。数が少なく寿命が長い(2〜3日)
Y精子⇒アルカリ性に強く酸性に弱い。数が多く寿命が短い(1日)

 

このような特徴があります。

 

通常、女性の膣内は雑菌を寄せ付けないために弱酸性に保たれていますが、排卵日が近づくに連れてアルカリ性に変化していきます。
これは、精子を受け入れるために、酸で殺してしまわないようにするためです。

 

産み分けゼリーの原理

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
産み分けゼリーには「男の子用」と「女の子用」の2種類があります。
性交前に産み分けゼリーを膣内に注入して、膣内のph値を変化させるのが目的です。

 

男のが欲しければ、膣内をアルカリ性に
女の子が欲しければ、膣内を酸性に

 

保つことで、希望する性別の赤ちゃんを妊娠する可能性が高くなるということが、ご理解いただけると思います。
産みたい性別の精子の特性を利用して、その精子が生き残りやすい環境を用意してあげるのが、ベイビーサポートなど産み分けゼリーの基本的な原理です。

 

事実、産み分けゼリーで膣内のph値をコントロールすることで、産み分けに成功した例は数多くあり、現在では一般的とも言えるレベルになっています。

 

産み分けゼリーの副作用の心配は?

産み分けゼリーが膣内のph値を変化させる成分ですが、
アルカリ性にする場合は「アルギニン」
酸性にする場合は「クエン酸」
を使っている商品が多いようです。

 

アルギニンはタンパク質を含むあらゆる食材に含まれている必須アミノ酸です。
クエン酸は、お酢などに含まれていることがよく知られていて、こちらも人間にとって必須の栄養素です。

 

どちいらも元々体内に豊富に存在しているものですから、これらを膣に注入しても、母体や胎児に悪影響が出ることは考えられません。
信頼できる会社の製品では、産み分けゼリーで障害や副作用のリスクは限りなく低いと言えるでしょう。

 

産み分けゼリーの成功確率は?

実際、産み分けゼリーを使用するにあたって、成功の確率はみなさん気になるところだと思います。
これまでに何組もの夫婦に産み分けサポートを行ってきた有名な産婦人科医の池川明博士によると、

 

産み分け成功の確率は、、

 

女の子を希望する場合で70〜80%

 

男の子を希望する場合で80〜90%

 

だそうです。
精子の特性から言って、男の子を希望する場合のほうが、そもそも妊娠する確率も上がるため確率が高くなります。
ただし、女の子希望の場合も正しく行えば7割以上の成功率は出ているようです。

 

一人目は自然に任せても、二人目以降は性別を選びたいという願望は昔から多くありました。
産み分けは決して倫理に反するようなことではありませんし、どんな方法でも100%成功するわけではありませんから、よく話し合って産み分けにチャレンジする夫婦はこれからますます増えそうですね!

 

>>おすすめの産み分けゼリーについてはこちら