MENU

中国式の産み分けカレンダー

女の子が欲しい!

 

男の子が欲しい!

 

生まれてくる子供の性別は天に任せるしか無かった時代から、どちらの性別の子どもがほしいという願望はあったようです。

 

いやむしろ、昔のほうが跡取り問題などが重要でしたから、希望する性別の子を生むことは大事だったはず。

 

そんな事情を表すように、中国では約700年前の遺跡から「産み分けカレンダー」なるものが見つかっています。

 

この原本は歴史資料館で大切に保管されていますが、カレンダーの内容自体はコピーされて広く出回っており、一般の方にも浸透しているようです。

 

産み分けカレンダー,

 

こちらが、その「中国式産み分けカレンダー」

 

妊娠した年齢と月によって、妊娠する性別を占うというもの。

 

あくまでも占いなんですが、その的中率は中国人99%・アジア人90%・アメリカ人85%だそうです。
(本当かよ 笑)

 

この表の見方ですが、700年前に作成されたものですので、当時は「生まれた歳を1歳」としていた事に注意が必要です。

 

数え年は、生れた年を1歳とする計算方法で、以降は1月1日に1歳年を取る計算です。
例えば6月1日生れの人なら、1月1日から5月31日までは実年齢に2歳プラスし、6月1日から12月31日までは実年齢に1歳プラスする計算になります。

 

また、当時の中国では「太陰暦」が採用されていたことにも注意しましょう。

 

太陰暦では、1年を354日として計算しており、現在の太陽暦とは11日のズレがあります。

 

このズレは、3年ごとに閏月を挿入することで調整しています。

 

太陽暦では4年に一回閏日を挿入して一年が一日増えますが、太陰暦では3年に一回、一年が一ヶ月増えるのです。

 

このため、月日が立つごとに太陰暦と太陽暦のズレは大きくなります。

 

現在が太陰暦で何年何月に当たるかは、とても複雑な計算が必要なので、旧暦計算表などをご利用下さい

 

占いもひとつの方法?

希望する性別の子どもを望む時、現在では科学の進歩によって「産み分けゼリー」などの手段がありますが、昔は占いに頼るしか無かったのですね。

 

しかし、占いといっても700年前から語り継がれる歴史のあるもの。

 

もし気になるなら、産み分けのチャレンジ日を決める際にも参考にしてみてはいかがでしょうか。