MENU

低用量ピルの効果は避妊だけじゃない!妊娠しやすい体づくりへ

低用量ピル

 

低用量ピルといえば、避妊薬というイメージが強いですよね。

 

このサイトの読者さんは「男女の産み分け」に興味があっていらしているので、避妊してどーすんだという話ですが、実は低用量ピルの効果は避妊だけではありません。

 

低用量ピルと、妊娠を希望される場合の使い方についてご紹介します!

 

低用量ピルとは

そもそも「ピル」とは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが配合されたものの事です。

 

これらの女性ホルモンを経口摂取することで、体内のホルモン濃度を高めることが目的。

 

では、これによってどんな効果があるのでしょうか?

 

身体を擬似妊娠させる

女性ホルモンは、妊娠したときに大量に分泌されます。

 

一旦妊娠すれば、その子供を出産するまでは妊娠は出来ませんよね。当たり前の事です。
このため、身体は一度妊娠すると、女性の身体の機能のうち「妊娠のために必要な機能」を全てストップします。

 

それは、卵子の排卵、子宮内膜の成長、子宮頸管のメンテナンスなどです。

 

ピルの役割は、妊娠したときに大量分泌される女性ホルモンを経口摂取することで、脳に「妊娠している」と錯覚させ、妊娠のために必要な機能をストップすることです。

 

これにより、ピルを服用中は排卵が起きず、子宮内膜も成長せず、そもそも子宮に精子が入り込みにくくなり、妊娠がしにくくなるというわけです。

 

現在、低用量ピルを正しく服用した場合の避妊成功率は99%で、ほぼ100%と発表している資料もあります。
避妊の代表的な方法である「コンドーム」でも、3〜10%は失敗すると言われており、低用量ピルはコンドームよりも確実な避妊方法です。

 

ホルモンバランスを整えてPMSを緩和する

ピルは女性ホルモンを経口摂取することで血中濃度を高く保つ働きがあります。

 

このことは、生理不順や重篤なPMSを緩和することにも役立ちます。

 

PMSの主な原因は、成長して分厚くなった子宮内膜から漏れ出すプロスタグランジンという物質の作用によるもので、低用量ピルはそもそも子宮内膜が成長するのを止めるために、プロスタグランジンが発生するのを抑制します。

 

また、排卵日周辺では身体が非常にデリケートになりホルモンバランスが乱れやすくなりますが、低用量ピルで女性ホルモンを補給することにより、ホルモンバランスを保って正常な身体の機能を維持できます。

 

この事は、生理不順の改善にも役立ちます。

 

排卵を止めて卵巣を休める

これまで、低用量ピルの効果といえば「避妊」と「PMSの軽減」の2つばかりが有名でしたが、実はこれに付随した大きな効果があります。

 

それが「排卵を止めることで卵巣を休める」ということ。

 

女性が一生の内に排卵できる卵子の数は決まっていますが、昔のように一人の女性が何人もの子供を生んでいた時には、当然排卵の個数も減ります。

 

しかし、現代では初産が遅くなり、さらに生涯の出産数も減っていますから、必然的に毎月排卵があり、これによって卵巣が休める時間がなくなっているのです。

 

これによる、卵巣、子宮の「疲弊」が、不妊につながっているとする説もあります。

 

また、低用量ピルによってホルモンバランスを整え、生理周期を一定に保つことは、子宮内の環境を常に良いものに保つために大きな効果があります。

 

妊娠を希望しない時には低用量ピルで卵巣を休めつつ生理周期を整え、妊娠を希望する時には服用をやめて排卵を促すことで、”妊娠しやすい体づくり”につながるのです。

 

低用量ピル
低用量ピルは妊娠を希望するタイミングでいつでもやめることができます。
服用をやめると排卵が促されるので、最初の排卵と性交のタイミングが合い、着床しづらいなど不妊につながる原因がなければ、最短で1ヶ月以内に妊娠することも可能です。
排卵の様子をみるためにも、基礎体温をつけておくといいでしょう。
そして排卵日に合わせて産み分けゼリーを使用すれば、希望する性別の赤ちゃんを妊娠することも出来ちゃいます♪