MENU

【産み分けの倫理】タイの病院で産み分けする日本人が増えている 年30組−朝日新聞

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,

少し前の新聞記事ですが、朝日新聞にこんな記事がありました。

 

子どもを望む日本人夫婦がタイに渡り、受精卵の染色体を調べて、男女産み分けをするケースが増えている。朝日新聞の取材で、この1年間で少なくとも30組の夫婦が利用していたことが分かった。
(中略)
タイでは近年、医療技術が向上し、海外の患者にも人気の医療先進国になりつつある。受精卵診断も約15の医療機関が実施している。朝日新聞が、日本人が多く行く2施設に取材したところ、2〜3年前から日本人が増え、この1年で計約30組が男女産み分けで受精卵診断を受けたと回答した。診断には体外受精が必要なため、不妊でない夫婦でも体外受精をしている。不妊夫婦が卵子提供を受け、男女の産み分けをする例もあるという。

 

受精卵診断とは、体外受精よって受精した卵子が、細胞分裂をはじめて4〜8個ほどに分裂した段階で、その細胞の遺伝子を検査し、遺伝病の有無や性別を調べる方法です。

 

元々は、筋ジストロフィーなどの重篤な遺伝病の有無を調べるために行われていましたが、その段階で性別もわかるために産み分けに応用されています。

 

しかし、この方法は「希望する性別でなかった受精卵は廃棄する」という事が大きな問題となっています。

 

このため、日本産婦人科学会でも「命の選別につながる」として、重篤な遺伝病の検査以外での受精卵診断を厳しく禁じています。

 

「重篤な障害を持って生まれてくる子どもを育てる責任を持てない」
こうした場合に限り、受精卵の廃棄が認められています。

 

しかし、単に「希望する性別でなかった」というだけで、受精した命を捨ててしまうのはあまりにも身勝手です。

 

産み分けゼリーなら倫理的問題は少ない

産み分けには、倫理的な問題で賛否両論があります。

 

しかし「希望する性別でなかった受精卵を捨てる」事と「希望する性別で受精するように調整する」事は明確に区別して考えるべきです。

 

産み分けゼリーによる産み分けは、希望する性別の精子が受精するように膣内環境を調整するものです。
受精卵診断と違って、その成功率は70〜80%と確実ではありませんが、倫理的な問題は少ないはずです。

 

何よりも大事なことは、産み分けをすると決めた親は、たとえ生まれてきた赤ちゃんが希望する性別で無かったとしても、変わらずに愛してあげるという覚悟と持つことです。

 

これを約束出来ない方は、産み分けをしてはいけません。
変に期待するよりも、自然に任せるほうがご自身も赤ちゃんも幸せになれるでしょう。

 

生まれてくる子どもの性別をどちらがいいか考えてしまうことは、人として自然なことです。

 

一人目は自然に任せても、二人目以降では男の子、女の子を産み分けたいという要望は多く、その確率を上げるために産み分けゼリーを使用することは、倫理的に問題があるとは思えません。

 

今では多くの家族が産み分けゼリーを使用し、その結果に関わらず幸せな家庭を気づいています。
産み分けをする前に、夫婦間でよく話し合い、必ず「どんな子でも愛情と責任を持って育てる」という覚悟を持って臨みましょう。

 

その上で、産み分けに挑戦して希望する性別の赤ちゃんに巡り合えたら、家族の夢も膨らみますよね!

 

産み分けゼリーの詳細と使用方法についてはコチラの記事をご覧ください♪

産み分け,男の子,女の子,ハローベビーゼリー,
産み分けゼリーの使い方・成功例と失敗談