MENU

男の子がほしい時は重曹を使って産み分け出来るの?その効果とは

産み分け,男の子,重曹

 

以前は、男の子を産むために”重曹”を使用する産み分け法も行われていたようです。

 

男女平等の価値観が広まる現代までは、圧倒的に「男の子を産みたい」という要望が強かったため、このような方法も行われていたのだとか。

 

重曹を使った産み分け法についてご紹介します。

 

重曹で膣内をアルカリ性に

産み分けに重曹が使われた理由は、重曹は強力なアルカリ性を持っているからです。

 

男女産み分けの方法の記事で見たように、男の子になるY精子は、アルカリ性に強く酸性に弱いという特性があります。

 

女の子のX精子は、その逆で酸性に強くアルカリ性に弱いもの。

 

このため、排卵日に合わせて膣内をアルカリ性に傾けることで、Y精子が生き残りやすい環境を作り、男の子を授かる可能性を高めるのです。

 

重曹による産み分けの方法

まず重曹小さじ山盛り1杯を180mlのぬるま湯で溶かします。

 

この重曹水を、スポイトなどで汲み取り、子作りの直前に膣内に注入します。

 

これによって、膣内にアルカリ性の液体が大量に入ることにより、Y精子が受精する可能性を上げるのです。

 

重曹産み分けは成功するの?

この重曹水による産み分け法の成功率ですが、ハッキリ言ってあまり良くなかったようです。

 

考えてみればそりゃあそうだと言う話で、何の計算もなしに重曹水を注入したところで、膣内をY精子に最適な環境にするのは難しいでしょう。

 

それ以上に、危険過ぎると思います。

 

膣内というのは、非常にデリケート

 

スポイトでぬるま湯を注入するなんで、雑菌混入の可能性が高すぎます。

 

それに、アルカリ性が強すぎてそもそも受精の確率が下がる可能性の方が大きいでしょう。

 

やはり、重曹を使った産み分けは、現代ではオススメできません。

 

産み分けは専用の産み分けゼリーを

産み分け,男の子,重曹

現代では、女性の膣内に注入しても問題のない「産み分けゼリー」が発売されています。

 

男の子を生みたい場合は、膣内をアルカリ性にする成分が配合されたものを使いますが、
具体的には「アルギニン」が使用されます。

 

アルギニンは、元々人間の体内に豊富に存在するアミノ酸で、そもそも膣内をアルカリ性にする子宮頚管粘液も、アルギニンを主成分にしています。

 

ですから、副作用の心配もなく、厳密に管理さた工場で生産されているため、雑菌混入のリスクも少なくなっています。

 

重曹などの原始的な方法に頼らずに、やはりキチンと生産された産み分けゼリーを使用することをオススメします。

 

最も売れている日本製の産み分けゼリー

安心のベイビーサポート♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

【ベイビーサポート】