すぐに飲めて栄養満点!マタニティスープが妊婦に人気!

マタニティスープ

 

妊娠中の食事には『野菜スープ』が有名ですよね。

 

ただ、妊娠初期やつわりがヒドイときなどは、食事の用意をするのも大変。

 

そんな時でもすぐに飲めて、葉酸や鉄分などの栄養をバランス良く摂れる『マタニティスープ』が非常にオススメなんです!

 

妊娠中に摂りたい栄養や、食事の注意点など合わせてご紹介したいと思います♪

 

妊娠中の栄養補給は何よりも大切だけど…

妊娠中って、自分のためだけじゃなく赤ちゃんのためにも、栄養が非常に気になりますよね。

 

赤ちゃんに栄養を届けられるのは母親である自分しかいませんし、
その母親自身も、出産という大仕事に備えて体力を養わなくてはいけません。

 

ただ、妊娠中はバランス良く栄養を摂りたいと思っても、なかなかそう上手くはいきません。
体調の変動も激しい時期には、自分で食事を作ること自体が面倒になってしまって、適当に済ませたくなります。

 

またホルモンバランスの変化で好き嫌いが激しくなる方も多く、食べられない食事が増えてしまって、メニューも偏りがち。
食べないわけにはいかないので、食べられるものだけを食べるようになり、結果として栄養バランスが崩れてしまうのです。

 

妊娠初期の食事

妊娠初期は、特につわりがひどくなる時期です。

 

つわりが重い人は、食べ物の匂いを感じるだけでもダメ、とにかく胃が何も受け付けなくなってしまいます。
そのため、食事量は普段と比べて少なくなることが多いです。

 

しかし、何も食べないというわけにはいかないので、食べやすくて消化しやすいもので耐えるしかありません。
何も食べられなくなってしまうと、体重も減っていくし、赤ちゃんに栄養が届いていないのでは?と不安になるかもしれません。

 

しかし、吐き気がして受け付けない食べ物は、赤ちゃんが欲しがっていない、赤ちゃんの成長に必要ないものなんだと考えてみてはどうでしょう?
妊娠初期は、何でも食べればいいというわけではなく、赤ちゃんが欲しがっているものを食べるべき時期なのです。

 

妊娠中期の食事

妊娠中期は安定期と呼ばれる時期で、つわりが収まって食事も問題なくなる時期だと思います。
ここで注意すべきは、つわりのときに食べられなかった反動で何でも好きなだけ食すぎてしまう、という事です。

 

いきなり栄養が送り込まれると身体もビックリしてしまいますし、消化がついていけず下痢や吐き気を起こすかもしれません。
また、つわりの時に食事量が減って飢餓状態になったところに大量の食事を食べることで、体重増加をコントロールできなくなる心配もあります。

 

食べる量をしっかり考えて、普段の自分が食べる量に少し多いぐらいの食事がちょうどいいですね。

 

妊娠後期の食事

胎児がどんどんと成長していく時期なので、母親のの食欲も旺盛になります。
ただ、人によっては、大きくなったお腹に胃が圧迫されて食べられないという人もいます。

 

その場合は一度の食事量を減らす代わりに一日5食など回数を増やして、
工夫しながらカロリーを摂取して、赤ちゃんが栄養不足にならないように気を付けましょう。

 

体重が増えすぎないように管理するもの大切です。
医師と相談して、もう既に体重が結構増えているのであれば、体重をセーブするような食事にする必要もあります。
体重が増えすぎると出産のリスクが高まるので、体重管理はしっかりとしましょう♪

 

 

妊娠中に特に必要な栄養

マタニティスープ

葉酸

葉酸はビタミンB群の一種で、妊娠初期から出産後の授乳期まで、子どもにも母親にも不可欠な栄養素です。

 

葉酸には赤ちゃんの細胞が増えていく時に必要な遺伝子を作る役割があるため、
妊娠初期に赤ちゃんの脳や神経、心臓などの様々な器官が作られる時期に不足してしまうと、発育に悪影響が出る恐れがあります。

 

また、葉酸には気分を落ち着かせ、心理的な健康を保つという役割もあります。

 

日本では2000年以降、厚生労働省が妊娠を希望する女性の葉酸摂取を推奨するようになっており、
妊活、妊娠中、授乳中の方向けに数多くの葉酸サプリが発売されています。
今では『妊娠=葉酸』はほぼ常識になっていますね。

 

鉄分

鉄分は、妊娠中、授乳中に最も不足しやすい栄養素です。

 

鉄分は赤ちゃんの健全な発育に不可欠なミネラルであり、不足すると貧血だけでなく、赤ちゃんの成長が阻害されたり、母親のメンタル不調や疲れやすさにもつながります。

 

ただでさえ、現代の日本人女性は慢性的な鉄分不足の人が多く、妊娠中には胎児の方に優先的に鉄分が運ばれてしまうため、
妊婦の3〜4割が鉄欠乏性貧血になるというデータもあります。

 

カルシウム

カルシウムは、体内で合成することができないため、常に食事で摂取する必要がある栄養素です。

 

妊娠時には胎児の骨や歯を作るために、より多くのカルシウムが必要になるのですが、
不足すると母親の骨や歯からカルシウムが溶け出して胎児に運ばれるため、肩こり腰痛、高血圧、イライラといった症状が起こる場合があります。

 

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムが身体に吸収されるのを助けて、骨を強くする栄養素です。
このため、胎児の骨や歯、脳の発育にも大きく関与しています。

 

しかしながら、現代の日本人女性の多くが慢性的なビタミンD不足であり、
多くの新生児が新生児ビタミンD欠乏症、骨が柔らかくなる骨軟化症(特に頭蓋骨軟化症)のリスクが高くなっています。

 

現在、妊活、妊娠中、不妊治療などにおいて、不可欠な栄養素として改めて注目されているビタミンです。

 

 

妊娠中の摂取カロリー

マタニティスープ

妊娠中はどれぐらいの食事を摂るべきなのか、わからないまま食事をしている人も多いかと思います。
まずは、一般的な女性の一日の推奨摂取カロリーは約1800kcalと言われていますが、これは年齢や体型、生活習慣によって変わってきます。

 

自分の必要摂取カロリーを算出するためにまず自分の標準体重を計算します。

 

計算式は『身長(m)x身長(m)x22』です

 

例えば
身長が162cmなら標準体重は
1.62 x 1.62 x 22 = 57.7368
で約58kgになります。

 

そこで一日に必要な摂取カロリーは
体重に25〜30を掛けた数字になります。

 

この25〜30とは、生活の中での運動強度によって決めます。
運動量が多い人ほど、多くのカロリーを必要とするかです。

 

58kg x 25 =1450(kcal)
58kg x 30 =1740(kcal)

 

という風に算出されます。

 

妊娠中の場合は、このカロリーにプラス250kcalぐらいがいいといわれています。
250kcalというと、約お茶碗1杯分を追加するぐらいですね。
摂取カロリーの目安として参考にしてください。

 

妊娠中は塩分、糖分は控えめに

マタニティスープ

妊娠中は、ホルモンバランスの変化などで、しょっぱいもの、甘いものを欲しくなる人が多いです。
しかし、妊娠中は塩分、糖分の過剰摂取は出来る限り控えるようにしましょう。

 

あくまでも『過剰摂取を控える』だけですので、全く摂っては行けないということではありませんのでご安心を。

 

塩分に関しては、一般に健康な成人は1日に10g前後を摂取しているといいます。
これだとちょっと多いので、一日7gほどを目安にしていきましょう。

 

もしも塩分を摂りすぎたなと思ったときは、水分を多めの飲んだり、塩分の排出を促すカリウムなどを多く摂るようにしましょう。

 

糖分は、摂りすぎれば当然太ります。
妊娠中の肥満は出産リスクを高めてしまうので、ほどほどにしておきましょう。
どうしても甘いものが欲しくなってしまうときには、できるだけカロリーが低いものを選んで、甘いものに対する欲求を抑えましょう。

 

バランス良く栄養補給が出来る”マタニティスープ”

マタニティスープ

株式会社ベジタルが発売している『マタニティスープ』は、妊娠中に大切な葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミン・食物繊維をしっかり補給出来る粉末スープです。
栄養機能食品であり、塩分・カロリーは控えめで素材の美味しさを感じられる優しい味わいとなっています。

 

妊娠中はもちろん、妊娠を望む女性、授乳期、さらには離乳食としても最適です。
サプリメントとは違い食事として栄養を補給できるため、身体も心も温まり、ご両親、友人からの妊娠祝い、プレゼントとしても喜ばれています。

 

マタニティスープ

 

マタニティスープは『マイナス1歳からの食育』をコンセプトに、『現役のママ(3070人のアンケート調査)』の声を集め、
『産婦人科(群馬県 産科婦人科 佐藤病院)』および『管理栄養士(宇野薫 氏)』のご協力のもと、ママとこれから生まれてくる赤ちゃんの健康を考えて開発されています。

 

食育って、生まれる前から始まっているんですね。
ママになる女性の食生活は、実はお腹の赤ちゃんの一生の健康に関わってくることが、最近ではわかってきているのです。

 

このため、マタニティスープは、つわりが辛い時期や、忙しい時でも、お湯で溶かすだけですぐに飲めて、
妊娠中に最適な栄養補給が出来るスープとして、人気を集めているのです。

 

もちろん安全性にもこだわり、化学調味料・着色料など無添加、放射能濃度検査・残留農薬検査を実施しています。

 

マタニティスープは4つの味で28食分

マタニティスープ

 

ベジタルのマタニティスープは、

 

【ほうれん草とじゃがいものポタージュ】
【とうもろこしと豆乳のポタージュ】
【生姜トマトスープ】
【ガゴメ昆布入り海藻スープ】

 

の4つの味が各7食分、28食分のセットとなっています。
マタニティスープなら、バランスよく栄養補給ができて、朝食代わりに、昼食と一緒に、休憩のほっと一息にもピッタリ!
とても美味しく楽しめるので、毎日、栄養バランスの整った食生活が送れます。

 

夏場でもお腹を冷やす食べ物はNGですし、リラックス効果もあるので、
精神的にも落ち着けて、すごくオススメなんです♪

 

マタニティスープ

 

自分で作れる野菜スープのレシピ!

マタニティスープ
妊娠中でも手っ取り早く作れると思ったのが野菜スープ。
いろんな野菜を煮込むだけで簡単だし、野菜の種類を変えれば飽きないし、食物繊維も取れるし。
まさに妊婦のためのメニューともいえます。

 

ただ、味付けを塩コショウしてしまえば減塩にならないので、コンソメだけ、鰹節だけなどの味付けがオススメ。

 

全くの無塩食でない限り、だしの素やコンソメなどの塩分は気にしなくていいです。
鰹節など海の幸にはどうしても海の塩分が含まれるので、厳密に言えば鰹節も塩分が多いということになります。

 

医師からの指導で無塩食を食べるとか腎臓病食にしなさいと言われていなければ、だし(鰹節など天然のものも含めて)は気にしなくてもいいです。
あくまでも「過剰摂取は控える」ことが必要なのであって、普通に食べる分にはそこまで問題はないでしょう。

 

圧力鍋でグツグツ煮込む!

マタニティスープ
ポイントはこれでもか!!!ってほど、具を多くして、水は具が浸る程度にすること。

 

これならスープの量が減るし、野菜の甘み、水分が出てくるので、味付けも少量で済みますよ。
出来れば、圧力鍋を使うと、どんなお野菜もトロトロに煮えるし、うまみも良く出て、より一層美味しくなります♪

 

バージョンを変えて、カレーやシチューなどを作る時も圧力鍋を使うと、野菜が煮とけるので、そのとろみを利用して、ルーや味付けを減らすことが出来ます。

 

時間も短縮出来ますし、光熱費もかからなくなるので、圧力鍋はオススメですよ♪