MENU

妊活用潤滑ローション・エッグサポートの効果と使い方とは?実際に妊娠した人の口コミより

エッグサポート,口コミ,効果,使い方

 

エッグサポートは、株式会社Coussinetが開発した「妊活用」の潤滑ローションです。

 

株式会社Coussinetは、男女産み分けゼリーの「ベイビーサポート」など、妊娠・出産をサポートする商品で多くの実績を上げている企業。

 

その会社が作った「エッグサポート」は、妊活する人のための潤滑ゼリーとして開発されています。

 

今回、このエッグサポートを利用して実際に妊娠された方に、エッグサポートの使用感などを口コミとして書いてけただけました!

 

エッグサポート,口コミ,効果,使い方

妊活には市販のローションは使うべきではない

妊活とは、夫婦で子どもを授かるためにする活動のこと。

 

不妊治療をされている方などは、産婦人科に通院して様々な処置をされたりしていますが、最も根本的な妊活は、やはり夫婦の営みですよね。

 

しかし、何も考えずにしていれば出来るというものではなく、一ヶ月のうちで女性が妊娠できる日というのは限られています。

 

一般的に、女性が最も妊娠しやすいのは「排卵日二日前から当日までの三日間」と言われています。

 

この日に合わせて子作りを行うのが、いわゆる「タイミング法」

 

タイミングを合わせて行うというだけですが、特に付き合いが長くなってきた夫婦ほど、「タイミングを合わせて行う」というのが億劫になってくる場合があります。

 

こういった時に出てくる問題のひとつが「濡れない」ということ。

 

男性であれば物理的な刺激によって勃たせればどうにかなります。
しかし、女性の場合、子作りのための作業的なセックスでは、どうしても濡れないという人も少なくありません。

 

こういう場合、痛みを軽減するために潤滑ローションなどを使用するのが一般的ですが、ドラックストアなどでも売っているような市販のローションは、妊活には向いていません。

 

市販の潤滑ローションは、単に滑りを良くするためだけのものですから、「膣内での精子の運動を妨げない」という事がほとんど考慮されていないからです。

 

膣内に射精された精子は、そのまま子宮の奥の卵子まで泳いでいって受精しなければいけません。

 

この時、潤滑ローションのような”異物”が膣内にあると、精子の動きを妨げて卵子にたどり着く可能性が減ってしまうのです。

 

かといって、ローションが無ければ痛くてしょうがない。。

 

こういった問題を解決するために作られたのが、妊活用潤滑ローション【エッグーサポート】です。

 

エッグサポートの効果とは

エッグサポート潤滑ゼリーは、単に滑りを良くするだけでなく「妊娠を妨げない」効果が、単なる潤滑ゼリーとの決定的な違いです。

 

エッグサポートを使用することによって妊娠しやすくなるために、次の3つのポイントがあります。

 

女性の体液に近い粘度

一般的にドラッグストアなどでも売られている潤滑ゼリーは、単に挿入をスムーズにすることだけが目的ですから、「滑りを良くする」ことだけに特化したローションとなっています。
しかし、妊娠を希望するのであれば、男性の精子が膣内を泳いで卵子にたどり着かなければいけないわけで、この時潤滑ゼリーが精子を邪魔してしまうことがあります。

 

エッグサポートでは、これを防ぐために女性の体液に非常に近い粘度にゼリーを調整してあり、精子が泳いでいくのを邪魔しません。

 

女性の体液に近い浸透圧

潤滑ゼリーの粘度と同様に、重要なのが浸透圧です。
一般的な潤滑ゼリーでは、女性の体液との浸透圧の違いが1000単位以上も違うため、体液との間に層ができてしまい、これが精子の移動を阻害してしまいます。

 

エッグサポート潤滑ゼリーでは、粘度だけでなく浸透圧についても、女性の体液に近い値に調整することで、精子のスムーズな移動を促してくれます。

 

体内のph値を最適に調整

女性の膣内は、普段は雑菌の侵入を防ぐために酸性に保たれています。
しかし、排卵日が近づくに連れて子宮頚管粘液というアルカリ性の体液が分泌され、酸性を中和して精子を酸で殺してしまわないようにするのです。
ただ、この子宮頚管粘液の分泌は体調や体質によって少なくなってしまうことがあり、そうなると膣内の酸によって精子を殺してしまうため、妊娠しづらくなります。

 

この子宮頚管粘液の分泌が増えている状態が、いわゆる「濡れる」という事であり、濡れにくい人の膣内は酸性が強くて精子にとって良くない環境なのです。
エッグサポート潤滑ゼリーには、この子宮頚管粘液の成分に近いクエン酸などを配合して膣内のph値を精子にとって最適に調整する働きがあります。

 

このため、濡れにくい人にとっても性交が苦痛でなく、しかも妊娠の可能性も高めてくれるのです。

 

特に膣内のph値調整は重要な役割で、フーナーテストの結果で「精子の運動率が低い」という診断を受けた方などにも有効と考えられます。

 

運動率が低い精子は、子宮の奥までたどり着くのに時間がかかり、受精する前に酸でやられてしまいます。
エッグサポートによって膣内の酸性を中和しておけば、それだけ精子が生き残る可能性も上がるはずです。

 

エッグサポートで妊娠

エッグサポートを使って妊娠した・使用感の口コミ

 

使用者:真希さん

31歳・一人目の妊活
結婚して1年は夫婦の時間として避妊を続け、いざ妊活を始めた時に「濡れない」悩みに直面。
エッグサポートを使用して半年後に無事妊娠・出産

 

夫とは29歳の時に結婚し、当初から「1年は2人だけで過ごしたいね」と話していました。

 

それからちょうど一年経って、いざ妊活しよう!となると、お互いに変に気持ちが入ってしまって…

 

もともと夫婦の営みは週に1回くらいでしたが、ちょうどこの時期に夫の仕事が忙しくなって、しない日が増えてきました。

 

私はもう30なので、早く授かりたいという気持ちも出てきてしまい、毎日基礎体温を測って排卵日を把握してタイミングを取りました。

 

でも、「この日」という時に限って夫が「疲れていて無理」と言ったり、出張が入ったりしてタイミングが合わずストレスが貯まり…

 

夫へのイライラも重なって、いざタイミングを取ってしようとしても、どうしても気分が盛り上がらずに作業的になってしまいました。

 

元々そんなに濡れやすい体質でもないので、気持ちが入らないと全く濡れず、痛くて我慢するようなセックスになってしまうのが苦痛で。

 

でも、妊活のためにはローションは使わないほうが良いと聞いていたので、どうしたものかと思っていた時に、エッグサポートの存在を知りました。

 

エッグサポートのパッケージ

 

普通のローションに比べて価格が高くてビックリしましたが、妊活をサポートしてくれる成分が入っているなら…と、サプリのような気持ちで購入。

 

お試し5本にしようかとも思いましたが、すぐに妊娠できるとは限らないし、まとめ買いにすると余った分は買い取ってもらえるということで、2箱まとめ買いにしました。

 

 

エッグサポートは普通のローションとは違って、容器を直接挿入して使うタイプなので、最初はちょっと戸惑いがありましたが、慣れれば問題ありません。

 

プラスチック製の容器は非常になめらかに加工されていて、入れても痛みは全くなし。
タンポンを入れるのと同じような感覚で、容器の半分ほどを挿入して、注射器のように中身を注入します。

 

ちなみに、恥ずかしいので一人でトイレでやりました。

 

エッグサポート,口コミ,効果,使い方

 

使うタイミングは、普通の潤滑ローションと同じくホンバンの直前になります。

 

女性の体液と同じ粘度ということで、普通のローションに比べて結構サラサラです。

 

注入する位置が手前すぎると、立ち上がった時に溢れてくるので要注意!

 

シーツを汚したくない方は、バスタオルなど利用されたほうが良いと思います。

 

 

感想としては、潤滑ローションとしての役割はしっかり果たしてくれて、痛みは全く無くなりました。

 

夫としても「良かった」との事で(・∀・)

 

 

エッグサポートを使用し始めて、3ヶ月目のチェックでビンゴ!

 

 

たまたまなのか、エッグサポートの効果なのかはわかりませんが、とにかく快適に子作り出来るようになったので助かりました。

 

エッグサポートは普通のローションに比べれば高価ですが、一回使い切りになっているので衛生的なのもポイントだと思います。

 

中身はもちろん容器まですべて日本製ということで、安心して使えました。

 

無事に生まれてきてくれた赤ちゃんも、すこぶる健康で本当に嬉しいです。

 

エッグサポートで生まれた赤ちゃん

 

妊活中の潤滑ローションというのは中々選択肢が無いので、同じ悩みを持っている方には、エッグサポートをぜひ勧めたいですね。

 

▼エッグサポートの購入はこちら▼

【エッグサポート】公式ショップ

 

エッグサポートのまとめ買いキャンペーンについて

エッグサポートは、通常の潤滑ローションとは違い「一回使い切り」となっています。

 

手にとって塗っていくようなローションではなく、注射器状の容器に一回分のローションが入っており、これを膣内に挿入して中身を注入します。

 

ベイビーサポート
※この写真は同社の産み分けゼリー「ベイビーサポート」です。

 

一回使い切りで個別包装となっていくことで、衛生的。
また、膣内の状態を最適にするために、しっかりと「中に注入する」ための形状となっています。
内容量も、日本人に最適な量と言われる4.5ml

 

一箱は5本入りで、単品だと6,500円と、普通のローションに比べればかなり高額です。

 

成分は国産の天然成分を使用し、女性の体液や浸透圧などまで計算されたローションなので、この価格になってしまうのですね。

 

なお、一箱5本で妊娠できるとは限らないので、まとめ買いがオススメです。

 

エッグサポートは2箱セットなら9,800円で、一箱あたり4,900円

 

3箱セットなら13,600円で、一箱あたり4,530円となります。

 

また、まとめ買いセットなら送料無料となります。

 

ただ、こんなに買っても使い切る前に妊娠できれば余ってしまいますよね。

 

このため、エッグサポートは2箱以上のまとめ買いだと、妊娠が確定した時点で余ったゼリーを1本1,000円で買い取ってくれます。

 

箱を開封していても、一本単位で買い取ってくれるので非常に便利。
ちなみに、5本余れば5,000円ですから、まとめ買いで一箱余ると返金の方が多くなります。

 

ご自身だけでなく、お知り合いと使うためにまとめ買いにされる方も多いようで、何度も注文するよりは最初にまとめ買いした方がお得になりますよ♪

 

キャンペーンについて詳しくは公式サイトで

【エッグサポート】公式ショップ

 

エッグサポートの安全性・副作用リスクについて

エッグサポートの工場

 

エッグサポートの製造工場は、「クラス10,000以下」という手術室と同水準のクリーンルームとなっています。

 

原料はすべて国産の天然成分。
容器から外箱に至るまですべて日本国産で、安全性には最大限に配慮しています。

 

エッグサポートの全成分

水 基材
プロパンジオール 保湿剤
ヒアルロン酸Na 皮膚コンディショニング剤
サクシノイルアテロコラーゲン 皮膚コンディショニング剤
カルボマー 増粘剤
ポリアクリル酸Na 増粘剤
水酸化K pH調整
安息香酸Na 防腐剤
フェノキシエタノール 防腐剤

 

いずれの成分も、食品、医薬品、化粧品などで一般的に使われている安全性・実績の高い成分で、これらの成分が身体に以上を及ぼすことはほぼありません。

 

同じ会社が製造している産み分けゼリーの「ベイビーサポート」でも、副作用の報告はありませんので、エッグサポートも安心して使用できると言えるでしょう。

 

▼エッグサポートの購入はこちら▼

【エッグサポート】公式ショップ